〜Pax-Allen〜 美しい音色と和音
ボヘミアンとベネチアン設置事例導入までの流れホーム
 




 

ボヘミアンとヴェネチアン

ホーム > ボヘミアンとヴェネチアン

バブル崩壊後、日本の建築建物にも少しずつ照明に対する取り組み方に変化が現われてきた。これまで蛍光灯一辺倒の日本の照明デザインに、海外からの来訪者は怪訝な視線を送ったものである。明るすぎる照明と画一的な照明器具によって、同質の空間が創出されて日本人はそれを甘んじて受け入れてきた。建築デザインにおいて、この同質感からの脱却の方途としてせいぜい間接照明に活路を求めてきた。それは天井の高さに欧米のようなゆとりを得られない日本建築の特性が有ったからだとも云える。
ヨーロッパでは「ボヘミアン」と「ヴェネチアン」という生産地の併存によって、高級なガラス芸術の発展が幾世紀にもわたって培われてきた。それは建築空間を照らすという目的以上に、照明器具に備わっている形状・色彩・陰影・照度などが、壁の色合いや衣服の色や素材と微妙に溶け合って存在することに由来するからである。あるいは家具調度との対比においても重要な役割を果たしているのである。
何れのシャンデリアも、その顧客は私邸、別荘、クラブ、オペラ・演劇劇場、高級ホテル、銀行、公共の場やレストラン、それに王宮や図書館、ターミナルに及んでいます。

ふたつの歴史と違い

 

Copyright (C) 2004 PaxーAllen,Inc. All Rights Reserved. お客様サポートお問い合わせ窓口